たるみの原因を知って予防しよう!

顔がたるんでいると一気に老けた印象を与えてしまいます…気になりますよね? 若いうちは「たるみ」なんて考えもしないで過ごすでしょうけど、意外なことに、たるみは二十代半ばからすでに始まっているんです。

「しわ」はもちろん、頬や目元、口元のたるみは、実年齢より何歳も老けて見られてしまう原因になります。 「まだ若いから大丈夫」なんて放っておかないで、しっかりと「たるみ」のケアをして若々しい印象を保ちましょう。

【たるみの原因】
たるみの原因は、老化によってお肌の弾力を保つ成分・コラーゲンが変化していくことにあります。 お肌の奥深くにある真皮といわれる部分にある膠原線維と弾力線維という部分が弾力を保っているのですが、これが変質してしまうのです。

老化だけでなく、紫外線も線維を壊してしまいます。 紫外線は活性酸素を発生させて線維を硬くし、皮膚細胞を傷つけてしまいます。 紫外線対策もしっかり行っておきたいですね。 このように、お肌の弾力を保つ線維が破壊、または変質することが「たるみ」の原因なのです。

本来ならコラーゲンなどの線維が壊れてもやがては再生はされるのですが、線維は破壊と再生を幾度となく繰り返しているうちに伸びてしまいます。 この線維の「たるみ」と筋肉の「たるみ」が重なり、頬、目の下、首のまわりなどに「たるみ」が出てしまうのです。

【たるみの予防法 】
たるみを予防するには、しわの予防と同様、普段からケアすることが大切です。 いつまでも若さを保ちたい、実年齢より若く見られたい…といった意識を持って毎日のケアを続けていきましょう。

・紫外線からお肌を守るため、常に紫外線対策を万全に! ・血行を良くして新陳代謝を活発にするため、マッサージを行う ・お肌のために、ビタミンAやたんぱく質などの栄養摂取を心がけ、バランスの良い食事をする

ページの先頭へ