化粧品が原因の肌荒れ

肌荒れの原因のひとつが、化粧品だということをご存じでしょうか? 私たちは、「化粧品は肌を守り健やかにするもの」と考えがちです。
http://www.massage-goods.com/

日常使用する化粧水や乳液、クリームなどは、肌を保護したり栄養を与える効果もあります。

しかし、化粧品の成分や使い方によっては、ニキビ跡を消すことが難しくなる場合もあるのです。 化粧品のなかには、「合成界面活性剤」という物質を使用しているものがあります。

合成界面活性剤は油分と水分を乳状に混ぜ合わせたり、脂汚れを分解する働きがある物質で、石油を原料としています。 乳化や分解など役に立つ作用だけではなく、合成界面活性剤には肌にマイナスの作用もあります。

たとえば、肌の皮脂を溶かして外界の刺激から肌を守るバリアを壊す、有害な成分を壊れたバリアを通して肌の内部に送り込むなどの弊害を起こします。 肌のシミやほうれい線、乾燥、肌荒れの原因となり、ほうれい線を消すことが難しくなります。

化粧品が肌に合わない、化粧品を変えたら肌荒れしたという場合は、化粧品の成分に注目してみることも必要といえます。 次に、化粧品の種類による「肌荒れの原因になりやすいもの」をご紹介していきましょう。

○洗顔・クレンジング
強すぎる洗顔料やクレンジング剤は、肌荒れの原因のひとつといわれています。 W洗顔(メイク落とし・洗顔料)をする場合でも、肌に必要な皮脂まで落としていないかをチェックすることが大切です。

○ローション・乳液・クリーム
肌を整えるために使用するローションや乳液、クリームで、肌が赤くなる、ニキビができる、肌荒れを起こすことがあります。 シミを消す化粧品の多用は、人間の肌が本来持っている「肌自らが肌を守る作用」を妨げている場合もあるのです。
Obagi

アンチエイジング 肌のハリを即実感できるヒアルロン酸注射

最近では、化粧水やサプリメントでも補給できるようになったヒアルロン酸ですが、やはり顔などの皮膚に直接ヒアルロン酸を注入する方法が、お肌のハリをすぐに実感できるという点で、最も効果があるといえます。

皮膚へのヒアルロン酸直接注入は、美容外科やクリニックなどにおいて、ヒアルロン酸注射という形で実施します。ハリを取り戻したい部分や、皺・たるみ等がある部分に、ヒアルロン酸を注射で液体のまま注入するのです。

注入するヒアルロン酸は、人間の体内にあるもとの完全に成分が同じものを使用するため、アレルギー等の副作用も全くありません。だからこそ顔という大事な部位に注射できる訳です。

ヒアルロン酸注射の最大のメリットは、なんと言ってもその即効性です。注射が終ってしばらくすると、もうお肌にハリが出てくるのを実感できますので、はやく結果を出したいという方にはうってつけです。

但し、ヒアルロン酸注射の効果は永久的ではありません。注射後1年程度で、注射したヒアルロン酸は体内で水に分解されてしまい、お肌のハリはなくなり、皺やたるみも復活して、元の状態に戻ってしまいます。

そのため、効果を持続させたい場合は、定期的にヒアルロン酸注射を行っていくことが必要になります。

ヒアルロン酸注射の価格は、施術する場所によってばらつきはありますが、0.1ml当たりで1万円というところです。ヒアルロン酸は0.01ml単位という非常に微細な単位で使用されるので、0.1mlでも充分な量になります。

ヒアルロン酸注射を行う部位としては、やはり顔が多く、顎や唇、ほうれい線や目の下のお肌等に注入を行います。

これらの部位を完全に対処すると、金額的は6万円から7万円になりますが、病院やクリニック等で価格は異なるので、事前にリサーチしたほうがよいでしょう。

ヒアルロン酸注射は、その素晴らしい即効性もあるため非常に魅力的ですが、一定の期間が経過したら効果はなくなるということを認識しておかねばなりません。

アンチエイジング ヒアルロン酸は肌のハリを維持できるの?

美肌にこだわる方の間で、ここ数年のうちにすっかりポピュラーになったのが「ヒアルロン酸注射」です。ヒアルロン酸注射を顔にすると、お肌にハリが出て、まるで10代20代のような若々しい肌質が、短時間で実現できてしまいます。

美容外科やクリニック等で実施可能なヒアルロン酸注射は、今や女性だけでなく、男性も行っているスキンケアなのです。

ヒアルロン酸という名前自体の知名度も、以前に比べるとかなり高まってきています。今では「コラーゲン」と「ヒアルロン酸」という言葉は、美白に興味がない男性でも知っているのではないでしょうか。

本来、ヒアルロン酸は人間の体の中にも存在している成分ですが、加齢による老化で、その量が徐々に減少してしまいます。歳を取るにつれて、お肌のハリが失われてくる大きな要因の1つに、この体内におけるヒアルロン酸の減少が挙げられるのです。

これを防ぐためには2つの方法が考えられます。1つはヒアルロン酸の減少を少しでも抑止すること、もう1つはヒアルロン酸を体外から補給してあげることです。

ですが、体内のヒアルロン酸の減少(損失)を抑止するのは、なかなか困難です。ヒアルロン酸はストレス等によっても減少すると考えられており、ストレス社会と言っても良い現代は、あまりヒアルロン酸にとって良い時代ではないようです。

又、人間の身体の中で最も外気に直接触れやすいのは顔であり、それによってもヒアルロン酸の減少は促進されてしまいます。

そう考えると、外部からヒアルロン酸を補給するという方法が現実的と言えるでしょう。最近では、ヒアルロン酸を含有する化粧品が多数販売されていますし、ヒアルロン酸自体がサプリメントとしても販売されています。

このような化粧品やサプリメントを摂取することによって、ヒアルロン酸を体内に補給し、お肌のハリを維持させる方法もありますが、やはり、お肌の表面から直接ヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸注射と比べると、効果の面では少し落ちると言わざるを得ないでしょう。

ページの先頭へ