頬のたるみ防止法について

一定の年齢を超えた女性なら、誰もが悩みの種としているであろう「肌のたるみ」。

たるみというものは顔を年齢以上に老けさせて見せてしまうため、誰もが避けたい症状でしょう。 このたるみは顔の筋肉の衰え、あるいはゆがみが原因で引き起こされるもので、逆に言えば、顔の筋肉を鍛えることで予防、緩和することが可能です。

顔のストレッチは場所を問わず、短時間で行えるため、日々継続するのも苦にはならないはずです。 今日、明日と言わず、数年後の美しさのためにぜひとも覚えておきましょう。

まず頬筋と言われる頬の筋肉を鍛えてみましょう。 これは唇の両端から耳にかけての範囲にあり、ここを鍛えることで頬の垂れ下がりや、頬に段がつくことをを予防できます。

最初に思いっきり空気を吐いてみましょう。口の中の空気も抜き、頬をすぼませた状態を5秒ほど保持してください。 次にじょじょに頬を膨らませ、今度はパンパンに膨らんだ状態をまた5秒ほどキープします。

この後、ゆっくりと普通の顔に戻していきます。 これを1セットとし、これらの手順を5セットから10セットほど繰り返してください。

これはおそらく1日に10分もかからないストレッチ方法でしょう。 これだけで本当にいいの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、なにしろ相手は筋肉ですので即日効果が見込めるものではありません。

目の疲れに効くサプリメントだって、そんなにすぐに目の疲れをとってくれるわけではないですよね。 腕や脚など、通常の筋トレがそうであるように、毎日継続して行うことが何より重要なのです。

ページの先頭へ