にきびの種類と肌荒れ

ニキビができると、なんとなく気がめいりますよね。ある程度なら、パーフェクトBBクリームでカバーできますが、それだって限界があるし、何よりニキビ跡として残ったらファンデでもカバーしきれない場合があります。

そこでここでは、ニキビによる肌荒れの種類について勉強したいと思います。

○白にきび
白にきび(閉鎖面皰)は、初期段階のにきびです。 毛穴に皮脂や角質が溜まり、毛穴が閉じたままの状態で発疹が発生します。

色は白っぽい黄色で、表面が盛り上がって見える状態となります。

○黒にきび
黒にきび(開放面皰)は、白にきびと同様に毛穴に皮脂や角質が溜まってできるものですが、毛穴が開いた状態であるところが違います。色がが黒く見えるのは、毛穴に詰まった皮脂が空気に触れることによって酸化した角栓が見えているためです。

黒にきびを無理につぶすと、雑菌によってさらに悪化したりニキビ跡ができることがあります。 自分で処理することをせずに、専門の皮膚科で治療することをおすすめします。 この黒にきびが進行すると、白にきびとなります。

○赤にきび
赤にきび(丘疹)は、過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まった状態のにきびです。 アクネ菌(皮膚の常在菌)が皮脂を分解すると、炎症が起こって赤にきびとなります。

手で触れると熱を持っているのがわかり、痛みを感じるのが特徴です。

毛穴のなかの皮脂がアクネ菌に分解されると、「遊離脂肪酸」に変化して炎症の状態になって膨張し、毛穴の壁を壊すことがあります。この状態で自分で処理をすると、肌にニキビ跡ができやすくなるためスキンケアには注意が必要です。

○大人にきび
ニキビの多くが思春期にできるのと異なり、大人にきびは20歳以上の人に多くみられるにきびです。

大人にきびのできる原因は、肌の角質層のバリア機能の低下や乾燥だといわれています。 思春期のものとは違い、過剰な洗顔は肌乾燥のもととなり悪化を招くので注意しましょう。

ページの先頭へ